便秘 死亡

便秘の薬

ふつうの便秘の人は、市販の下剤を飲むことで、さらに便秘が悪化して慢性化する悪循環に陥る場合があります。

 

学生のときから市販の便秘薬を使っているうちに、薬がなかなか効かなくなり、薬の量が増えていく人が多いです。

 

市販の便秘薬の中には、女性向けのかわいらしいパッケージが多いのですが、成分的には刺激性下剤といって、腸に刺激を与えて便を出すタイブのものがほとんどです。

 

便秘薬は、常用すうちに腸が刺激になれてしまい、だんだん効き目がなくなってきます。

 

するとさらに下剤の量を増やしたら、強い薬を使わなけれれば出なくなります。

 

薬の選び方については、あとで詳しく述べますが、市販の薬だからといって、弱いとは限らないということは知っておいていただきたいと思います。

 

 >> 【便秘解消に良いサプリメント】 はこちら

なぜ食物繊維が必要なの?

便秘解消のためには、食物繊維をたくさんとる必要があることは、多くの方がすでにご存じだとは思います。

 

しかし、ふつうの便秘で悩んでいる方に実際に食べているものを聞いてみると、ほとんどの人は、食物繊維が不足しています。

 

では、なぜ、便秘を解消するためには、食物繊維が必要なのでしょうか?

 

私たちは、毎日、食べ物から、体に必要な栄養素をとっています。

 

糖類、脂質、タンパク質、ビタミン、食物繊維などの栄養素のうち、消化されないまま大腸へと送られて便のもととなるのは、食物繊維だけです。

 

食物繊維が豊富な食品をたくさん食べるし、便のカサが増えて大腸のぜん動が起こり、快便につながります。

 

また、食物繊維は、排便をスムーズにするだけではなく、腸内の善玉菌を増やし、血糖値や血中コレステロールの上昇を抑える働きも持っています。

 

つまり、糖尿病、心臓病や脳卒中なドどの生活習慣病を予防する働きもしているわけです。

 

正に、便秘の解消にも体にとってもいいことずくめなのですが、日本人のほとんどの人は、食物繊維の摂取量が不足しています。

 

まずは試しに、昨日食べたものをすべて書き出して、食物繊維の多い食品を食べているかチェックしてみてください。

 

食物繊維が明らかに不足している人は、食事の改善が必要です。

腸の働きをスムーズにする食品

ふつうの便秘やストレス性便秘の人は、腸内の善玉細菌を増やして、腸の調子を整えることも大切です。

 

善玉菌を増やすためには、ビフィズス菌やその繁殖を助ける、乳糖、オリゴ糖を含んだ食品や、ヨーグルトを毎日とるようにするとよいでしよう。

 

オリゴ糖は、玉ネギ、ゴボウ、牛乳などにも含まれています。

 

また、ゴマやアーモンドには自律神経のバランスをよくするビタミミンEが豊富に含まれています。

 

ドライフルーツのプルーンやレーズンには、水溶性の食物繊維や腸のぜん動を高めるカリウムが多く含まれています。

 

こういった食材を、毎日の食事の中に取り入れてみると、腸の働きがスムーズになります。

 

 

>>次頁 :  「便秘とサプリメント」 について